TOEICが必要になったとき、大人の勉強法

グローバル化が進む昨今、世界共通語としての英語の重要性はますます増してきています。日本の企業でも社内公用語を英語にしているところもありますし、欧米に限らず外国と取引のある企業では一定以上の英語力が求められます。TOEICはビジネスパーソンの英語力をはかる指標として世界中で信頼されているテストです。そのため今いる職場での昇進の条件に「TOEIC~点以上」が含まれていたり、あるいは転職のさいに高得点所持が求められたりと、スキルアップを目指すなら勉強をして高得点をとることが必要になってきます。「社会人になってようやく勉強から解放されたのに」「学生時代英語は苦手で点が取れなかった」、という方も多いとは思いますが、何も満点を取る必要はありません。個々の目標に応じて目的を絞り、効率よく勉強することが重要です。

まず何よりも必要なのは単語のチカラ

学生時代に英語が苦手だった方の場合、文法に抵抗があった方がほとんどでしょう。「これは他動詞だから」「副詞節を導く接続詞」「後置修飾」「目的格補語」等、教師の話すこういった文法用語にウンザリしてしまうものですが、大学受験と違いTOEIC受験ではこれらはさほど大切ではありません。長文にしても大まかに話の流れが理解できればいいのです。では何が一番大切かというと、「単語力」です。当たり前に聞こえますが、単語の意味さえ知っていれば文法を無視してもある程度それらを繋げて長文を読み解くこともできます。また大きな配点を持つリスニング部分においても、「知らない単語は聞き取れない」のですからまずは単語を覚える必要があります。過去の試験から厳選された、目標とする得点別の単語帳は各種販売されていますから、なるべくCDや音声データ付きのものを購入すると良いでしょう。単純な単語力だけでも伸ばし、その後余裕があればリスニング、そして文法の基礎や長文を読むトレーニングをしていきます。

リスニングで手堅く得点、とにかく「慣れ」

単語力がある程度伸びたら、次に手を付けるべきはリスニング対策です。全般に日本人は「読み・書きが得意、話す・聞くが不得意」と言われます。これは当然で、「話す・聞く」は普段から行っていないと錆びついていくものだからです。帰国子女でアメリカに五年住んでいたけど、日本に帰ってしばらくしたら英語が口から出なくなった、というのはよくある話です。リスニングで得点するためには、とにかく大量に耳から入れることが必要になります。注意点としては、リスニングのさいにその英文を(テキストの台本などで)目で見ないことです。目で見ながらだとどうしても耳から聞き取れた気になってしまいますが、これでは本番で通用しません。社会人は多忙ですから、通勤や移動時間を利用してスマートホンのアプリやMP3プレイヤーでなるべく多くの英語を耳から入れるようにしましょう。

再受講生は入学金が免除。再受講割引もあり。 当スクールでは、英語力の効率的な向上を目指すための指導を行っており、英語能力に関する試験対策に特化した指導も行っています。 交通に便利なJR池袋駅徒歩5分。 教え方に自信あり、得点アップ保証制度(授業料50%~70%引きで再受講可能)があります。 TOEICの高得点取得とともに、本物の英語を身につけたいあなたのための学習プログラムをご用意しております。 TOEICで高得点を目指すなら