どうしてTOEICは重要視されるのか

TOEICはTestofEnglishforInternationalCommunicationの略です。世界中で行われている英語の試験であり、英語力を客観的に評価するにはうってつけです。日本では従来から実用英語検定(通称「英検」)に人気があり、各級のランクが学年と連動していることから学校でも推奨されていた上、合格・不合格が明瞭で受験のための勉強をするにもモチベーションが上がるものでした。
しかし近年では主に、企業の要請から前者の試験がより重視されるようになりました。この試験は990点満点で5点刻みの採点がなされ、合格・不合格はなく、取得したスコアで評価されるという特徴があります。初心者でも上級者でも試験の内容は同一です。また「まぐれ」も起こりにくいため、英語の実力が客観的に評価されます。

社会人として必要になるスコアはどれくらいか

ビジネスがグローバルになるにしたがい、英語力は社会でも改めて重要視されるようになりました。企業でも、TOEICの受験を推奨していて、高得点を撮る人には昇級・昇進・海外赴任者の選抜など、より有能な人物として評価されるようになっています。そのため社会人になっても自己啓発の手段として受験する人はたくさんいます。
それでは企業で評価されるためにはどのくらいのスコアが必要でしょうか。まず、英語を実務で使う必要がない職種の人でも、650~700点のスコアが求められます。そのため企業の求人要項の中にもこうした記述が見られます。就職活動・転職活動をするには改めてこのスコアを意識する必要があります。また実務で英語を使う人であれば、850点が目安になります。このレベルであればネイティブ同等と評価されるはずです。

さっそく受験の準備をしましょう

TOEICの試験は独特です。問題文もアナウンスも全て英語でなされ、日本語は全く用いられません。そのため最初はかなり戸惑うはずです。英語の実力が客観的に現れてきますので実力以上の得点を得ることは期待できませんが、反対にこうした試験の性質に慣れていないと実力が発揮できないということはありえます。そのため1回の受験で高得点を得るというよりは、何度も受験しながら、その都度勉強して知識の充填をはかり、徐々にスコアを上げていくのが良好です。
時間に比較的余裕のある学生であれば、在学中にぜひ受験しておきましょう。一般に大学生といえども英語力のピークは大学受験当時であることが多いので、在学中に英語力が低下しないよう、語彙力・読解力・ヒアリング力をつけておきます。特に在学中は英語の勉強になるきっかけは至る所にあるはずですから、機会を逃さずに勉強する習慣をつけるのが第一です。